私たちの家づくり

わたしたちが目指すのは「住みごこちの良い家」

家づくりが成功するかどうかは「住みごこち」で決まります。
たとえば、夏の暑い日をさわやかに過ごせる家。たとえば、冬の冷えた体をあたたかく包み込んでくれる家。
そんな心も体もくつろいで、一年中快適に暮らせる家こそ、もっともかけがえのない家族の"資産"だと、私たちは考えます。

住んでからでは修正しきれない「住みごこち」の大切さに、一人でも多くのお客さまに気づいてほしい。
そして「建ててよかった」という喜びを心から感じてほしい。それが、私たちの考える家づくりへ想いです。

経験者から体験談を聞く

家を建てるということは人生においてとても大きなイベントのひとつです。ほとんどの人が自分で家を建てた経験が無い中で、大きな決断を迫られます。正しい判断をするためにまず大切なのは、家を建てた経験がある人から体験談を聞くことは大切でしょう。

1年を通した快適な暮らしを考える

夏は涼しく、冬暖かい、一年中快適な暮らしは、わたしたちの求める理想であります。 そのために、ソーラーサーキット工法を取り入れ、毎日過ごす家が心も体もほっとすることが出来る家を実現しています。

健康的な暮らしを考える

シロアリ対策とシックハウス対策。それは家作りの最低条件。 家を土台から崩壊させかねないシロアリ。建材からの揮発成分によって体調を崩すシックハウス症候群。ソーラーサーキットの家では室内の換気対策だけでなく床下対策にも配慮しています。健康的な暮らしは、「住みごこちの良い家」への最低条件と考えています。
住宅研究舎トップへ